ニュース

FSR通信 VOL.15

					
[人事労務情報 メールマガジン] 
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.15  2014年8月1日配信       ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。

暑い日が続いていますが、皆さん夏休みの計画はいかがですか。

私は地方で生まれ育ったため、この時期になると、地元へ帰省し、
旧友や家族に会いたい気持ちが大きくなります。

ただ今年は帰れそうもないので、近場でエンジョイしてきます。

今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。


─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


ニュース&トピックス
・パートタイム労働法改正のポイント
・労働基準監督署の是正勧告に虚偽報告
・受動喫煙防止対策助成金について

気になる労務相談
・【36協定】従業員代表者の退職と協定の効力について



─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス 

----------------   パートタイム労働法改正のポイント   ----------------
             (平成27年4月1日施行日)

★パートタイム労働法の改正案がこのたび成立した。ポイントは大きくわけて次の4点。

1、正社員と差別的取扱いが禁止されるパートタイム労働者の対象範囲の拡大

2、「短時間労働者の待遇の原則」の新設

3、パートタイム労働者を雇い入れたときの事業主による説明義務の新設

4、パートタイム労働者からの相談に対応するための事業主による体制整備の義務の新設

詳しくは厚生労働省ホームページへ
http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/tp0605-1o.html


----------------   労働基準監督署の是正勧告に虚偽報告  ----------------

★残業代支払ったと虚偽の報告

…東京・江戸川労働基準監督署(中島義彦署長)は、割増賃金の遡及払いを求めた
是正勧告に対し虚偽報告したスーパーマーケットチェーンの(株)Y社(江戸川区)
と同社代表取締役および同社人事部長、経理課長の計1法人3人を労働基準法第37条
(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反などの疑いで東京地検に書類送検した。

月20~22時間分の固定残業手当を超えた分を支払っていなかったため、是正勧告を
したところ、数千万円を支払ったとする報告書を同代表らが提出。しかし、その後の
調査でまったく支払われていないことが判明した。

今回の事件を受け同労基署は、管内企業に対し、適正な労働時間の管理と残業代未払
いを防止するための監督指導を重点的に行っていく方針。


-----------------   受動喫煙防止対策助成金について   ------------------

★少し変わった助成金

…雇用保険助成金の中には少し変わった助成金もある。それは「受動喫煙防止対策助成
金」というもの。対象は中小企業に対するものとなるが、事業場内に一定の基準を満た
す喫煙室を設置し、喫煙室以外を禁煙とした場合に受けられるもの。

助成内容は設置に要した工費、設備費などの1/2(上限額200万円)が受給できる。

また、この助成金は一般の助成金と違って、ハローワークではなく、労働局健康安全
課というところが窓口となっている点も変わりもの。

年度ごとに予算が消化されれば受付終了となるため、喫煙室の設置を考えている企業
は、年度の早い段階で申請できるよう予定を組み、申請してみてはいかがでしょうか。


:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:


<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□【36協定】従業員代表者の退職と協定の効力について

Q:従業員の過半数を代表するものと結んだ36協定は、その者の退職によって無効と
  なるのですか? また、過半数労働組合との36協定については、過半数を組織し
  なくなった場合は無効となるのでしょうか?。

A:いずれの場合も有効に締結された36協定の法的効力には、何ら影響を与えること
  はありません。
 
  36協定の締結当事者についての要件は、その協定を締結する段階において具備し
  ていることが求められていますが、これは協定成立のための要件であって、協定
  の効力の存続要件とはされていないためです。

  36協定の効力に影響はないと考えて問題はありません。


:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋 淳【編集】
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-46-25 第18荒井ビル5F
(TEL) 03-6671-9510 (FAX) 03-6671-9513
E-mail: FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================
					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら