ニュース

FSR通信 VOL.20

					
[人事労務情報 メールマガジン]
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.20  2015年1月5日配信       ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


新年明けましておめでとうございます。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。

本年は1/5が仕事始めとなる企業が多い事と思います。
弊所も本日1/5が仕事始めとなります。
早いもので、設立から3年目に突入する年にもなります。

弊所にとってさらなる飛躍の年となるよう、また皆様にとっても
素晴らしい年でありますよう祈念致しております。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス(厚生労働省トピックス)
・希望者全員が65歳以上まで働ける企業が71%に
・13年度「障害者雇用実態調査」の結果を公表
・改正パートタイム労働法の施行に合わせてコンテンツを拡充


気になる労務相談
・【退職後継続給付】退職後の出産手当金について


─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス

--------------------    厚生労働省トピックス    --------------------


★希望者全員が65歳以上まで働ける企業が71%に

厚生労働省は10月31日、平成26年「高年齢者の雇用状況」集計結果を発表した。
それによると、希望者全員が六五歳以上まで働ける企業割合は前回調査(66.5%)
を4.5ポイント上回る71.0%と過去最高となったことが明らかとなった。

http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2015/01/038-039.pdf


★13年度「障害者雇用実態調査」の結果を公表

厚生労働省は12月18日、2013年度「障害者雇用実態調査」の結果を公表した。
従業員規模5人以上の事業所に雇用されている障がい者数は63万1,000人で、前回
調査(08年度)に比べて18万3,000人増加した。調査は民営事業所における障がい者
の雇用の実態を把握し、今後の施策の検討・立案に役立てることを目的に5年ごとに
実施しているもの。同省では今回の結果について、障がい者の雇用は「着実に進展」
と評価している。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000068921.html


★改正パートタイム労働法の施行に合わせてコンテンツを拡充

厚生労働省はこのたび、パートタイム労働に関する総合情報サイト「パート労働ポー
タルサイト」をリニューアルした。2015年4月に改正パートタイム労働法が施行され
ることを受けたもので、新たに3コンテンツを追加・拡充している。

「パート労働ポータルサイト」の概要
 「パート労働ポータルサイト」は、改正パートタイム労働法の概要のほか、
 パートタイム労働者の雇用管理を改善するための各種ツールやマニュアル、
 短時間正社員制度の導入・運用を支援するための情報、他社の事例など、
 パートタイム労働者や短時間正社員がいきいきと働ける職場環境づくりに
 役立つ総合情報サイトです。

パート労働ポータルサイト
http://krs.bz/roumu/c?c=10675&m=56335&v=5cd0c67a



:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:


─━<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□【退職後継続給付】退職後の出産手当金について

Q:出産手当金を受給できるものが退職した場合、一定の条件を満たせば退職後で
  あっても引き続き給付を受けられると聞きましたが、具体的な内容を教えて
  ください。

A:労務に服さないことが条件に

  退職して健康保険の被保険者資格を喪失しても、一定の条件を満たす場合は、
  出産手当金や出産育児一時金、傷病手当金、埋葬料(費)を受給することが
  できます(健保法104条等)。

  出産手当金を退職後も継続して受給する場合、下記2点が必要になります。
  ①被保険者期間が引続き1年以上あるもの
  ②退職時に出産手当金を現に受けているまたは受けることができる状態で
   あること

  最低限、退職日が産前期間内でなければなりません。

  出産手当金は、被保険者が出産したときに、出産の日以前42日から出産の日
  後56日までの間において「労務に服さなかった期間」支給されます。欠勤、
  公休のほか有給休暇も可と解されています。

  退職後の継続給付の②の要件を満たすには、退職日に労務に服さない状態で
  あることが必要です(全国健康保険協会)。


:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋 淳【編集】
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-46-25 第18荒井ビル5F
(TEL) 03-6671-9510 (FAX) 03-6671-9513
E-mail: FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================

					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら