ニュース

FSR通信 VOL.25

					
[人事労務情報 メールマガジン] 
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.25  2015年6月1日配信       ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。

今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。


─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス
・障害者職業能力開発助成金を新設(雇用保険)

気になる労務相談
【労働条件】メールで労働条件明示?

─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス 

-----------------------  雇用保険助成金  -----------------------

★障害者職業能力開発助成金を新設(雇用保険)

厚労省は改正障害者雇用促進法施行を見据え、障害者雇用関連の助成金を見直した。

「障害者職場復帰支援助成金」は、雇用する労働者が、難病やうつ病、事故などから
長期の休職(3か月以上)を余儀なくされ、かつ職場復帰にあたって雇用を継続する
ために職場対応策が必要になった場合に支給される。職場復帰のために、①障害と能力
に合わせた職務の開発、②あらたな業務に就くための能力開発、③うつ病への1か月
以上のリワーク支援の提供などを行った場合などで、大企業へは最大50万円、中小
企業へは最大70万円が支給される。

「障害者職業能力開発助成金」では中小企業や社会福祉法人などにおいて重度身体障
害者、重度知的障害者、精神障害者を対象に6か月以上2年以内の教育訓練を実施す
る場合などに、施設・設備の設置費用と運営費の一部を支給する。助成額は設置費用の
4分の3(上限5000万円)、運営費(人件費、教材費)の5分の4(上限1人当り
17万円)。

「障害者職場定着支援奨励金」は新たに雇い入れた障害者の職場定着のためジョブコー
チを雇用、委嘱した場合の助成。障害者1人当り中小企業には月4万円、中小企業以外
には月3万円が2年間にわたって支給される。対象が精神障害者の場合は支給期間が3
年間となる。

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:


─━<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□【労働条件】メールで労働条件明示?

Q:改正労基法の建議をみていて、「労働条件明示について電子メールの送信等」を
  認めるという部分がありました。改正が実施されれば、「社内用ホームページ上の
  就業規則を参照してください」といった対応も可能になるのでしょうか。

A:必要最小限のみ送付も

 労働条件の明示方法は、「労働者に対する書面(労働条件通知書)の交付」と定められ
 ています。これに対し、例えば派遣労働者に対する就業条件の明示は、書面のほか、
 労働者の希望を前提としてファクシミリ、電子メールによることも認められています。

 登録型派遣の場合、労基法に基づく労働条件通知書と派遣法に基づく就業条件明示書
 は、同時に交付されるケースが大多数です。法文上、通知書と明示書で通知方法の選
 択肢に差異があります。改正法建議では、「法案成立後、改めて検討のうえ省令改正
 を行う」としています。

 労基法も電子化の波に洗われる時代になったということです。
 建議では以下の2種類の方法を追記するという方向性を示しています。
 
 1.ファクシミリの送信
 2.電子メールの送信(労働者が記録を出力することにより書面を作成できるものに限る)
 
 似たような定め方をしている例として、育児介護休業関連があります。例えば、育児
 休業の申出を受けた事業主は、育児取扱通知書を交付します。解釈例規では、「出力
 できる」という条件に関して、「プリンターに接続して出力が可能であれば、電子メー
 ル機能を有する携帯電話でも構わない」と解説しています。

 就業規則と明示との関係で、労働時間について「所定外労働の有無以外の事項について
 は、当該労働者に適用される就業規則の関係条項名を網羅的に示すことで足りる」と
 されています。

 従業員が社内ホームページを確実に閲覧できる体制を整えたうえで、必要最少事項を
 電子メールで送るという方法も考えられます。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

(※4/27より下記事務所へ移転いたしました)

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋 淳【編集】
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル9F
℡03-5778-3785 fax 03-3409-2380
E-mail: FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================


					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら