ニュース

FSR通信 VOL.27

					
[人事労務情報 メールマガジン] 
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.27  2015年8月17日配信       ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。
今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。


─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス
・労働契約申込みみなし制度
・マイナンバー制度の各種様式案

気になる労務相談
【不利益取扱い】育児期間中の深夜業について

─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス 

---------------------  「労働契約申込みみなし制度」  ---------------------

★「労働契約申込みみなし制度」の解釈(厚生労働省の通達)

厚生労働省は10月1日から施行の労働者派遣法上の「労働契約申込み制度」の解釈に
ついて都道府県労働局長あてに通達を行った。

同制度は違法派遣をした時点で、派遣先が労働契約の申込みをしたとみなすもので、
違法派遣を受け入れた側の責任を明らかにし、民事的制裁を科している。

対象となる違反行為は、
①派遣労働者を禁止業務に従事させる。
②無許可・無届事業主から派遣労働者を受け入れる。
③期間制限の違反。
④いわゆる偽装請負。

違反行為が善意無過失であるとの抗弁が認められた場合は同制度の適用はなく、偽装請
負のケースでは、派遣先が偽装請負に該当すると認識した段階で適用するが、法令適用
を免れる「偽装請負等の目的」を有していたか否かは個別具体的に判断するとしている。


---------------------  マイナンバー制度の各種様式案  ---------------------

★雇用保険のマイナンバー制度導入後の様式案

8月に入って、厚生労働省のホームページにマイナンバー制度(雇用保険関係)の項目
が開設された。(下記URL)

ここからマイナンバー制度導入後の書類の様式案(平成27年度7月時点の改正案)が
確認できる。個人番号を記載する様式では、事業主が行う手続として、被保険者資格取
得届、被保険者喪失届、高年齢雇用継続給付申請書、育児休業給付支給申請書、介護休
業給付申請書が掲載されている。また被保険者が行う手続としては離職票-1、教育訓
練給付金支給申請書等が掲載されている。

現在の様式から大きく変更になるのではなく、個人番号を記載する欄が様式のどこかに
設けられているというイメージ。「現時点の案です。確定様式ではありません。」とあ
るが大きく変わることはないだろう。

また法人番号を記載する様式案としては適用事業所設置届と廃止届の掲載がある。法人
番号は設置と廃止の届出の時に記載し、資格取得や喪失など通常の手続の時は雇用保険
の事業所番号のみを記載するようだ。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000087941.html



:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:


─━<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□【不利益取扱い】育児期間中の深夜業について

Q:夜間作業を中心とした業務に従事している女性社員が、このたび育児のため深夜業
  の免除を申し出てきました。もともと昼間の業務が少ないこともあり、勤務時間が
  大幅に減ったことによって、結果的に賃金も激減する場合、「不利益扱い」になる
  のでしょうか。本人は納得しています。

A:実労働分の賃金でよい

  小学校就学前の子を養育する労働者は深夜労働の拒否を、当該子が3歳に満たなけれ
  ば所定労働時間の短縮を請求することができます(育介法19、23条)。

  事業主は労働時間の短縮ができない場合、フレックス制の導入等で子の養育を容易
  にする措置をとる義務がありますが、深夜業務が主体の業種に対し、必要以上の昼
  間業務の確保までは必要とされておらず、労働の提供がなかった時間分の賃金を保
  障する義務もないと言えます。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋 淳【編集】
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル9F
℡03-5778-3785 fax 03-3409-2380
E-mail: FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================


					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら