ニュース

FSR通信 VOL.31

					
[人事労務情報 メールマガジン]
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.31  2015年12月15日配信    ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。
今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。

─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス
・ハローワーク求職情報提供サービスの実施
・厚生労働省版ストレスチェック実施プログラムの公表

気になる労務相談
□年休賃金額の計算方法について


─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス

-----------------ハローワーク求職情報提供サービスの実施-----------------

厚生労働省ではマッチング機能の強化のため、平成28年3月22日から、職業紹介事業
者や地方自治体などを対象に、全国のハローワークが保有する求職情報を求職者が希望
した場合に「求職情報提供サイト」を通じて提供する。

職業紹介事業者や地方自治体などは、ハローワークの求職情報を活用することで、就職
支援サービスを充実させることができ、求職者にとっては、職業紹介事業者や地方自治
体などから、ハローワークに提出されていない求人の紹介や就職のための支援を受ける
ことによって、より条件に合った求人へ応募できる機会が広がる。

なお、職業紹介事業者や地方自治体などからの利用申請の受付は、平成28年1月4日
から、求職者からの利用受付は、平成28年3月1日から開始される。


厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000106085.html


--------------厚生労働省版ストレスチェック実施プログラムの公表-------------

厚生労働者は11月24日、ストレスチェックの受験と結果の出力等を実施できるプログ
ラムを公表している。プログラム機能は以下の通り。

1.労働者が画面でストレスチェックを受けることができる機能
 (簡易調査票57項目、簡易調査票23項目)
2.労働者の受験状況を管理する機能
3.労働者が入力した情報に基づき、あらかじめ設定した判定基準に基づき、自動的に
 高ストレス者を判定する機能
4.個人のストレス結果を出力する機能
5.あらかじめ設定した集団ごとに、ストレスチェック結果を集計・分析(仕事のスト
 レス判定図の作成)する機能
6.集団ごとの集計・分析結果を出力する機能
7.労働基準監督者へ報告する情報を表示する機能

紙ベースで実施するよりも効率的である。回答が労働者の状態を正しく反映できるよう
に、率直に回答してもらうことが大切。この点は今後の課題となっている。


厚生労働省
http://stresscheck.mhlw.go.jp


:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:


─━<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□年休賃金額の計算方法について

Q:1日6時間で契約したパート社員の年次有給休暇取得時の賃金額について教えて下さい。
 対象のパート社員は、1日6時間勤務で労働契約を結びましたが、実質毎日残業し、1日
 8時間労働が続いています。
 この場合、年休取得時の賃金額は8時間で計算するべきでしょうか。

A:年休取得時に支払う賃金額は、1.平均賃金、2.通常の賃金、3.健保の標準報酬日額
 (労使協定が必要)の3種類の中から選択します(労基法39条7項)。
 この3者については、「都度使用者の恣意的選択を認めるものではなく、必ず選択され
 た方法による賃金を支払わなければならない」とされており(平11.3.31基発168号)、
 いずれを用いるかは、就業規則その他によって予め定めておく必要があります。

 貴社では、2.「通常の賃金」を選択されていますので、採用時に「1日6時間勤務」で
 契約しているのであれば、「時給に6時間を乗じた金額(手当がある場合は+手当分)」
 を支払えば、法的には問題はございません。

 しかしながら、実態が8時間勤務が通例となっているのであれば、契約内容の見直しも
 必要かと思います。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋淳【編集】
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-8-3TOC第1ビル9F
℡03-5778-3785 fax03-3409-2380
E-mail:FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================

					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら