ニュース

FSR通信 VOL.33

					

[人事労務情報 メールマガジン]
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.33  2016年2月15日配信     ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。
今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。

─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス
・女性活躍推進法の行動計画書届出
・雇用促進法に基づく「ユースエール認定」

気になる労務相談
□マイナンバーと既存社員の本人確認

─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス

---------------------- 女性活躍推進法の行動計画書届出 ----------------------

★女性活躍推進法の行動計画書届出★

同法では常用労働者301人以上の事業主に対し、①自社の女性の活躍状況の把握と課題
分析、②行動計画の策定・届出、③女性活躍に関する情報公表の3つを義務付けている。

活躍状況の把握においては「女性採用比率」、「男女別勤続年数」、「労働時間の実態」、
「女性管理職比率」の4項目を必須とし、ほかに任意の項目を厚労省令で定め、課題分析
は行動計画策定指針で定めるとのこと。

都道府県労働局に行う行動計画の届出は法の施行日となる平成28年4月1日までとし、
1月から受付を開始。行動計画には「計画期間」、「数値目標」、「取組内容」、「取組の実施
時期」を盛り込むことが求められ、届出だけでなく、労働者への周知、外部への公表を行
う必要もある。

行動計画策定指針には効果的な取組内容も示され、また労働者への周知方法、外部への公
表方法は厚生労働省令で定められ、公開されている。

パンフレット「一般事業主行動計画を作成しましょう!!」に行動計画策定例が記載され
ている。「一般事業主行動計画策定支援ツール」も公開されている。


【厚生労働省】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000107180.pdf


------------------ 雇用促進法に基づく「ユースエール認定」 ------------------

★雇用促進法に基づく新たな認定制度が始まる★

若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業は、認定され
ることにより、以下のようなメリットを得ることができる。

1.厚生労働省が運営する若者の採用・育成に積極的な企業等に関するポータルサイト
 「ユースエール認定企業・若者応援宣言企業検索システム」に企業情報が掲載するので、
 貴社の魅力を広くアピールすることができる。

2.認定企業は、若者雇用促進法に基づく認定マーク「ユースエール認定」を、商品・広告
 などに付けることができ、優良企業であることを対外的にアピールすることができる。

3.若者の採用・育成を支援するため、認定企業は助成金を活用する際、一定額が加算される。
 ①キャリアアップ助成金
 ②キャリア形成促進助成金
 ③トライアル雇用奨励金


<岩手労働局>
http://iwate-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/iwate-roudoukyoku/houdou/ninteikigyou271211.pdf


:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

─━<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□マイナンバーと既存社員の本人確認

Q:長期間勤務していて、本人であることが明らかな場合も身元確認が必要なのでしょ
 うか。

A:採用時や在職中に顔写真付身分証明書1点又は住民票記載事項証明書や年金手帳等で
 身元確認を行っていた場合は、対面確認により身元確認とみなすことができます。そ
 れらの行為がなされていない時は、あらためて本人確認をすることになります。実務
 上では、住民票記載事項証明書と年金手帳を預かることが多いので、採用時に身元確
 認はしていると言えます。但し、パートタイマーは、身元確認書類を預かっていない
 ことが多いと思われますので、あらためて身元確認を行うことになると考えられます。
 もちろん履歴書や誓約書だけしか提出がない時は、身元確認はあらためて必要になり
 ます。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋 淳【編集】
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル9F
℡03-5778-3785 fax 03-3409-2380
E-mail: FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================

					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら