ニュース

大阪FSR通信 VOL.04

					
[人事労務情報 メールマガジン] 
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃ ――――――――――――――――――――――――――   ┃
  _┃     ★★ 大阪FSR通信 ★★ vol.04 2017年10月2日配信     ┃_
  \┃ ――――――――――――――――――――――――――   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 大阪エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。社会保険労務士法人 大阪エフエム事務所です。
今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。

─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

1.同一労働同一賃金に関する裁判例
  労働契約法20条をめぐる判例

2.雇用関係の助成金情報
  キャリアアップ助成金《正社員化コース》

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

     <<同一労働同一賃金に関する裁判例>>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■正社員と非正規社員の格差を一部違法と認める判決

日本郵便で配達などを担当する契約社員3人が、正社員と同じ仕事をしているのに手当
や休暇制度に格差があるのは労働契約法に違反するとして、同社に賃金計約1,500万円
の賠償を求めた訴訟の判決が9月14日、東京地裁であり、春名茂裁判長は一部の手当や
休暇について「不合理な労働条件の相違にあたる」と判断し、同社に計約92万円の支払
いを命じました。

労働契約法20条は、正社員と非正規社員の労働条件の相違は、「職務内容などを考慮し
て不合理であってはならない」と定めています。判決では、労働条件(待遇)の格差が
不合理かどうかは、仕事内容や責任の程度、転勤の有無などを総合的に考慮すべきとし
ました。

その上で、各種手当や休暇制度をそれぞれ検討し、年末年始勤務手当については「最繁
忙期の勤務に対する対価で、非正規社員に支払われないのは不合理」と認め、正社員の
8割を支払うべきだと判断しました。住居手当についても「格差に合理的な理由がない」
として正社員の6割を支払うべきだとしました。さらに、病気休暇と夏期冬期休暇は「契
約社員にだけ付与しない合理的な理由は見当たらない」として違法だと結論づけました。


■待遇の違いを説明できる環境を整える

正社員と非正規社員の処遇の違いについては、政府主導の働き方改革において「同一労
働同一賃金」の実現が掲げられております。各企業は、正社員と非正規社員との間に違
いを設けて処遇するのであれば、その待遇の違いを説明できるように、その業務範囲や
役割の合理的な区別を進めることが必要となります。

~労働契約法20条をめぐる、その他の判例~

●ハマキョウレックス(差戻審)事件(大阪高判H28.7.26)
有期契約の運転手の労働条件について、無期契約の運転手に支給される無事故手当、作
業手当、給食手当が不支給とされたことが労働契約法20条の「不合理と認められる」労
働条件の相違に当たるとされました。

●長澤運輸事件(東京高判H28.11.2)
労働契約法20条の不合理性の判断にあたって、(1)職務内容と(2)職務内容・配置の
変更範囲に関連する諸事情を広く考慮すべきとし、定年後の継続雇用では(1)と(2)
が同じであっても賃金の引下げが広く行われていることなどから、嘱託社員と正社員と
の間の賃金の相違が不合理とは言えないとしました。ただし、定年後継続雇用された労
働者と定年前の無期契約労働者との間の労働条件の相違についても労働契約法20条の適
用がありうるとしている点には注意が必要です。

───────────────────────────────────────

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

     <<キャリアアップ助成金(正社員化コース)>>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

キャリアアップ助成金は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわ
ゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正社員化、人
材育成、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。今回は、代表的
なコースである、有期契約労働者等から正規雇用労働者等への転換を助成する「正社員
化コース」をご案内します。

◆主な受給要件
正社員化コースにおける「主な対象労働者」は、申請事業主が雇用する以下①から③の
いずれかに該当する労働者です。これらの労働者は、転換した日以降において雇用保険
被保険者および社会保険の被保険者であること、ならびに支給申請日において転換後の
雇用区分が継続し、離職していない者であることが必要です。

①支給対象事業主に雇用される期間が通算して6ヵ月以上の有期契約労働者
②支給対象事業主に雇用される期間が6ヵ月以上の無期雇用労働者
③支給対象事業主が実施した有期実習型訓練を受講し修了した有期契約労働者等 

◆受給額 < >は生産性要件が認められる場合の額、( )内は大企業の額
1 有期契約 → 正規雇用:1人当たり57万円<72万円>
            (42万7,500円<54万円>)
2 有期契約 → 無期雇用:1人当たり28万5,000円<36万円>
            (21万3,750円<27万円>)
3 無期契約 → 正規雇用:1人当たり28万5,000円<36万円>
            (21万3,750円<27万円>)

キャリアアップ助成金には人材育成コースや賃金規定等改定コースなども用意されてお
ります。本助成金は、非正規社員の待遇改善や正社員化などによる「働きやすい会社作
り」や「従業員ニーズに合わせた環境作り」に取り組む企業にオススメの助成金です。


───────────────────────────────────────
☆★編集後記★☆

『大阪FSR通信』の10月号をお読み頂きまして誠にありがとうございます。10月は
年次有給休暇取得促進期間です。計画的な年休取得などを労使で話し合う良い機会にさ
れてはいかがでしょうか。次回以降も皆様のお役に立つ情報をご提供できるように努力
して参ります。ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

※このメールはSociaユーザー様もしくは配信希望された皆様にご送信しております。
 メール配信を停止する場合は、お手数ですが下記アドレスまでご連絡ください。
================================================

社会保険労務士法人 大阪エフエム事務所 所長 高雄 淳平【編集】
〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町4-5-9 井門瓦町ビル9F
(TEL) 06-4707-2087 (FAX) 06-4707-4968
E-mail: osakaFSR_tuushin@fminc.co.jp

================================================

					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら