ニュース

FSR通信 VOL.24

					
[人事労務情報 メールマガジン]
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.24  2015年5月1日配信       ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。

今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。


─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス
・まんがで「労働法」(厚生労働省)

気になる労務相談
【精神保健福祉法】医療費どこが負担?

─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス

-----------------------  パートタイム労働法の改正  -----------------------

★まんがで「労働法」(厚生労働省)

新しいメンバーが加わった職場が多いこの時期ですが、新入社員にとって社会に出て、
いろいろと戸惑うことがあるのが現実ではないでしょうか。そのような戸惑いのための
予備知識を持ってもらおうと厚労省は次のような資料を作成しています。

就職を控えた学生、アルバイトをするときなどに知っておいてほしいルールとしてまと
められた「これってあり?~まんが知って役立つ労働法Q&A~」という資料です。

若い人たちとって解りやすいように、まんが形式をとった基本的なQ&Aです。賃金の
こと、残業のこと、労災のこと、解雇のこと等、若い人が社会に出る前に、この程度の
ことは理解しておけば役立つだろうという厚労省が考えた内容です。ブラック企業とい
う単語が市民権を得た感のある今現在、逆を言えば会社は社員を採用するときにはこの
程度の知識を持った、若い人たちに対して誤解を与えないように労働条件を明示するこ
とが大切なのでしょう。


http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000080504.pdf

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.: *:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:


─━<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□【精神保健福祉法】医療費どこが負担?

Q:重い精神障害で休職中の社員が強制的に入院させられました。家族の方によると
  病院の窓口でお金を払わなかったと聞きましたが、この場合は全額健保から費用が
  でるのでしょうか。


A:原則は全額公費で賄う

 精神障害により、入院させなければ自傷他害のおそれがあるとして、本人の意志と
 関係なく入院させる「入院措置(措置入院)」は、健保法ではなく精神保健福祉法に
 規定が定めれています。

 同法29条により、2人以上の精神保健指定医の診断結果が一致した場合、都道府県知
 事の権限において指定の精神科病院等に入院の手続きが採られます。

 この入院措置は原則として全額公費(国4分の3、都道府県4分の1)で行われますが、
 一定の資力がある者に対しては費用を徴収することも可能で、現在は本人並びに配偶
 者、生計を同一にする直系血族および兄弟姉妹の前年の所得税額の合計が147万を超
 えると、月額2万円を限度に費用徴収がなされます。

 ただし、徴収される当該費用について、健保法74条等で定める一部負担金(通常は総
 医療費の3割)を超える場合は、その一部負担金相当額を控除した金額が、療養費と
 して健康保険等から支給されます。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

(※4/27より下記事務所へ移転いたしました)

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋 淳【編集】
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル9F
℡03-5778-3785 fax 03-3409-2380
E-mail: FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================



					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら