ニュース

FSR通信 VOL.46

					
                          <正しく表示されない場合は等幅フォントでご覧ください>


[人事労務情報 メールマガジン] 
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  ----------------------------------------------------    ┃
  _┃     ★★ FSR通信 ★★  vol.46  2017年3月15日配信     ┃_
  \┃    ----------------------------------------------------   ┃/
  /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
   ̄ ̄                               ̄ ̄
         ≪ 社会保険労務士法人 エフエム事務所 ≫


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いつもお世話になっております。
社会保険労務士法人エフエム事務所です。
今月も最後までのお付き合い、よろしくお願い致します。

─━《目次》─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス
・育児等退職者復職へ助成金支給
・ハラスメント対策支援事業を新たにスタート

気になる労務相談
□育児休業の繰下げ申出について

─━──━──━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ニュース&トピックス

---------------  育児等退職者復職へ助成金支給  ---------------

◇ 平成29年度に新設予定

厚生労働省は平成29年度、両立支援等助成金「再雇用者評価処遇コース」(仮称)を新設
する予定である。育児・介護などの退職者を一定の段階で復職させたうえ、その後1年間
継続雇用すると一人当たり最大で40万円を支給する。同コースの新設のため約37億円を
平成29年度予算としている。

妊娠・出産・育児・介護を理由として退職した者が、就業可能となった段階で復職できる
再雇用制度を導入し、実際に希望者を採用するとともに、一定期間にわたり雇用を続けた
企業が支給対象となる。

助成額は、中小企業において再雇用者1人目が生じた場合、継続雇用6ヶ月目に20万円
(大企業は15万円)、継続雇用1年目に20万円(大企業は15万円)を追加支給する。
再雇用2~5人目についても、同じく継続雇用6ヶ月目に1人当たり15万円(大企業は
10万円)、継続雇用1年目に15万円(大企業は10万円)を追加支給するとした。「生産性
要件」を満たした企業に対しては支給額を1.2倍に引き上げるが、同条件を満たさないと
0.95倍とする。


----------- ハラスメント対策支援事業を新たにスタート -----------

◇ハラスメント対策強化へ

厚生労働省は平成29年度、企業に対するハラスメント対策支援事業を新たにスタートさ
せる。妊婦・出産に関するマタニティハラスメントやセクシャルハラスメントが後を絶た
ないため、個別企業を対象とした防止対策に対するアドバイス、企業内の相談担当者向け
マニュアルの作成などを行うとした。

ハラスメント防止措置義務を規定した改正男女雇用機会均等法が1月から施行されており、
企業としては新たな対応が求められている中、企業内において、改正雇用機会均等法に沿
った対策実施を促進する。

人事労務担当者向けの支援策では、個別企業を直接訪問して、マタハラと併せて、セクハ
ラに関する個別・具体的な対策実施についてアドバイスを行う。ケースによっては、企業
内研修を開催して周知・啓発に努める。マタハラに関する企業内の相談担当者に向けては、
マニュアルを作成してトラブルの適切な対応を促進するとした。さらに上司・同僚のハラ
スメントにより、就業環境が害されないよう現場管理者を対象とするセミナーを全国で実
施する予定である。


:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:


─━<気になる労務相談>━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

□育児休業の繰下げ申出について

Q:育児休業の繰下げについて、1回に限り可能とされていますが、子が1歳に達するま
 でに職場復帰を予定していたものの1度繰下げた従業員から、保育所の関係で1歳半
 まで取得したいと申出がありました。2回目で不可ということになるのでしょうか?

A:1歳以降は別カウント

 育休の申出は原則1回限りとされており、1回に限り、事由を問わず終了予定日を繰
 下げる旨の変更申出をすることができます。また、1歳までの再度の育児休業により
 「特別の事情」がある場合は2回目以降の申出に数えません。

 1歳までの育休終了予定日の繰下げは1歳に達する日を限度としており、1歳から1
 歳6ヶ月に達するまでの子については、その必要性が認められる場合には、新たな申
 出が認められます。

 育休終了予定日の繰下げと、1歳から1歳6ヶ月までの延長の申出はそれぞれ別に考
 える必要があります。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
 図っていきたいと思っております。
 ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

=========================================================

社会保険労務士法人エフエム事務所 所長 高橋 淳【編集】
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル9F
℡03-5778-3785 fax 03-3409-2380
E-mail: FSR_tuushin@fminc.co.jp

=========================================================





					
ページTOPへ

御社の業務に適した詳細な内容をご説明させていただきます。是非ご相談ください。

お問い合わせはこちらお電話でのお問い合わせはこちら